5月28日 HKT48幕張全国握手会

HKT48の全国握手会に行ってきました。基本握手には興味がないため、高校時代の友人に握手券を無償提供する。前日、若干夜が遅かったこととモチベーションが低かったので幕張についてのは12:30くらい。全握あるなら松本日向,堺萌香,山田麻莉奈のところに行きたいなぁと思っていたが今日は見事にこのメンバーはいなかった。そこまで並ぶこともなく13時前には会場にいた。ブロックはC3の真ん中くらい。HKTのミニステージは後ろにもステージがあるため、Bの中途半端な位置よりCエリアのほうがいい場合がある。

今日はいきなり、企画から始まる。笑点を模したものだったが、所々しっかり笑えた。やはり4期生はまだまだ企画慣れしてないようだった。それに比べ、1期生2期生の安定感。ミニステージのセトリであるが、HKTのオリジナル曲は『バグっていいじゃん』と『必然的恋人』、『メロンジュース』『HKT48ファミリー』の4曲。あとは総選挙の時期ということもあり、総選挙メドレーということで『言い訳Maybe』『ヘビーローテーション』『フライングゲット』『ギンガムチェック』『Love Trip』。全握のミニライブということもあり周りの人はコールしないで見ている人が多かった。自分も今日は『Love Trip』くらいしか声を出さなかった。
今日の浮き輪取りにしろ、笑点での座布団運びにしろ最近今村麻莉愛が可愛すぎる。いや、最近と言うか去年の夏のツアーからして、既にすごかった。メンバーが話し合っているとき今村麻莉愛が場を支配している時間があったのだ。

しばらく幕張駅付近で時間を潰してから会場に戻り、今村麻莉愛、田中美久、清水梨央レーンにいく。全握って時間もまちまちなので特に喋ることは考えずに突撃した。なんとかなる。

家に帰ってから、今日のチーム8公演のポジションだけチェックする。『涙の湘南』の下手側に小田えりな。これは見たかった悔しい。「あーおっだえりなー」を言いたかった……。かつて様々なメンバーがこの歌い出しを歌ってきたが小田えりなほど力強い歌い出しはない。6月3日入りたいがこの前出張公演というおそらくなかなかの倍率のものを当ててしまったので厳しそう。チーム8の公演は実は全敗中なのである。

さて、先ほど何やらメールが届いたと思ったら6月8日のHKT公演の遠方枠に当選していたのだ!! 酔った勢いで何やら昨晩申込んだようだが、行けるか微妙である。いや、間違いなく行けるのだが、問題はお金である。HKTの夏のツアーが関東なら何も問題ないがちょっと離れた場所で行われるとなると、なかなか厳しい財政状況だ。明日までにキャンセルするか決める予定だ。しかし、これで3日のチーム8公演は絶望的である。AKBの公演は基本『ミネルヴァよ、風を起こせ』とチーム8の『会いたかった』しか投げないが、これではよくない。

なんともなんともである。

5月26日 アイドルのコール

なにやら今日はてなを見ているとイェッタイガーに関する記事が若干話題になっていた。自分は、アイマスのライブに関しては無知なので"アイマスのライブ"のイェッタイガーは全く話すことはできないが、コールを巡る厄介か厄介じゃないかを巡る話はAKB界隈においても度々話に上がることなので関心を持った。これから書くのは決してこの話に意見するとか同意するとかそういう話ではない。そもそも声優のライブとアイドルのライブは文化が異なると考えているからである。あくまで、自分の観測範囲のアイドルの現場はこんな感じですよという程度に読んでくれれば。

自分がよく行く、HKT48AKB48チーム8は所謂厄介がとても多いと言われる。HKTに関して言えばマサイ族が多く出現する。特に前列に多くいる若者がなりふり構わずにマサイをするため、後列のファンが文句を言われることが多い。自分なんかは席運が悪すぎて、最近前列で見たことは一度しかないが確かにマサイは邪魔である。チーム8 にもマサイ族はいるけど、チーム8 はコールにおける厄介が多い。話題になっているイェッタイガーもいるし、ずらしMIXやMC中の変な合いの手などなど.......。あまりの厄介にアイドルが泣いたこともあった。


まぁ、これらは誰が見ても厄介なのであるがコールの問題はこの記事にもあるように難しい問題を孕んでいる。つまり、アイドル本人がそれを望んだ時、我々ファンはどうするべきかということだ。イェッタイガーではないがファイボーワイパーなどは、少し前まではイェッタイガーに並んで厄介扱いされやすいものであるが、HKTにおいては指原がそれを望むようなツイートをすることによって『ウインクは3回』や『最高かよ』では、HKTのお馴染みになり、歌う前に矢吹奈子などが「ファイボーワイパーお願いします」というようになった。また、チーム8の『47の素敵な街へ』におけるガチ恋口上も、中野郁海によるガチ恋口上返しにより、運営サイドの公認となり春のSSAにおいてはモニターに字幕が出るようになった。1年前までは厄介扱いされていたものである。

youtu.be


では、48グループであればMIXや口上はどこでも大丈夫なのかというとそういうわけでもない。実際同じ48グループにおいてもSKE48はOvertureでMixを打たないという文化がある。これはAKB結成当初の文化がそのまま残っているらしい。このようにコールとは変化し続けるものなのである。

今や定番になっているMixやファイボーワイパー、ガチ恋口上などは当初厄介行為と思われていたのだ。これらが今やライブの定番になっているとはどういうことかを考えなくてはいけない。厄介行為と思われていたものが、もはや運営公認になった時、それは厄介行為であるのだろうか。それでもガチ恋が嫌いな人もいればファイボーワイパーが嫌いな人もいるだろう。

まぁだらだら書いてきたわけだが、HKTおよびチーム8 界隈ではファイボーワイパーは許されつつある。*1ただ、現状イェッタイガーに関しては48グループで聞くことは少ない。チーム8の『夢へのルート』の大サビ前に時々聞くくらいか。

ちなみにアイマスは知らないけど、HKTはアイドルからの煽りがすごいのでコールをしないのが正解というのは、少なからずHKTにおいては当てはまらない。『最高かよ』などまさしく、煽り曲だ。

つまりなにが言いたいかというと、HKTやチーム8 は増田のいう「客も歌手も盛り上がりたい」現場であるということか。ただ限度はあるよ。間違いなく。

*1:当然、全てにファイボーワイパーなどと言っていたら厄介である。楽曲をしっかり選んでやってください。

5月23日_2 チームTII+研究生「手をつなぎながら」出張公演

先程の続きであるが、一応単体の記事にする。
チケット発券時間のうちに、同伴する高校の同級生とドンキ前で待ち合わせをして劇場へ向かった。劇場は選挙ポスターが貼ってあった。受付番号と身分証明書で発券。

受付番号順に並び、運命の抽選である。HKT公演は県外枠でしか入ったことがないので抽選の緊張はない*1が、今回はそうもいかない。暇かつ運がいいときに入るAKBの研究生公演などはどうも抽選運が悪いらしく立ち見ばっかなので今回は5順目を過ぎたあたりで諦めていたが1◯順目で番号を呼ばれた。ギリギリ半分くらい。今回のお目当ての松本日向は下手での登場が多いので、そのあたりを狙っていたが下手はもはや席がない。仕方ないので中央立ち見のちょこっと開いたスペースか上手の後方席かであったが、同伴した友人が席には座りたいということで上手の後方席を使う。これは良い選択で、上手中央寄りは柱で全く見えないが、下手は全体が見えたのである。なるほどと、また新参者は学んだのである。前半の全体曲は嫌でも盛り上がる。いきなり、『僕らの風』では全力ダンスを見せてくれる。DMMでは普段からすごいなぁとか思いながら見ていたが、近くで見ると全く迫力は違う。当然、本家SKEのパフォーマンスと比べると幼く見えるが、このフレッシュさこそ、まさしくTⅡの「手をつなぎながら」なのである。某所だったか、友人だったかがまるで研究生公演を見ているようだと言っていたが良い意味では当たっている。これは決して、TⅡメンバーに対して研究生期間が長いので未だに研究生と思っているとか、研究生メンバーに対してお前らのパフォーマンスは研究生の域を出ないとかそういうことを言っているのではない。とにかく手を伸ばす所はきちんと伸ばし、髪を振り回し必死に踊っている彼女たちを見ていると明日も頑張ろうと思う。ちなみに友人は『チャイムはLOVE SONG』が一番好きらしい。メンバー人気も高い曲だ。
さて、手つなの本番はユニットだと言われる。松岡はながセンターの『Glory days』ははなちゃんの明るさがよく現れている。栗原紗英センターの『この胸のバーコード』はさえちゃんはもちろん、地頭江音々,運上弘菜のセクシー全開。実は自分はここで大いなる過ちを犯すのだが、これは後で書く。今村麻莉愛センターの『ウィンブルドンへ連れて行って』はファン人気が特に高い曲である。総じて所謂アイドルっぽい曲も多い手つなの中でおそらく最もそれに近いのがこの曲である。チーム8の宮城公演で予習済みのこともあって全力まりあコールを決める。研究生もかわいいがまりあの可愛さである。体は小さいが踊りは非常に大きくかつ機敏である。そして存在自体が可愛い。文句つけようがない。山下エミリーセンターの『雨のピアニスト』はとにかく全員最高である。普通なら、松本日向完璧100点と言いたいところであるが、山下エミリーが完璧すぎる。エミリーはTⅡ公演だけでなく、SNSや握手会などでもこのやる気を見せれば間違いなく人気メンだと思うが、これがなかなか出来ないのだ。ただこれも彼女らしいのかもしれぬ。ラスト『チョコの行方』はTⅡの可愛いメンバーが揃っているだけあって、とても良いと思いました。あまり言うことがない。チョコメンのMCはどれだけ盛り上げられるかというもの。みさきちゃんの圧勝はオチとして当然である。自分はもかちゃんに票を投じたが。
後半全体曲はライブで披露されることも少なく、いまいち人気曲も少ない。ただ、自分は『ロマンスロケット』が手つなで一二を争うほど好きなのである。恋愛を歌った曲でありながら、自らのことを「宇宙で唯一の失敗作」という。また、「神様の失敗作」という歌詞もなかなかユーモアがある。後半MCはエミリーの照れがとにかくかわいい。
アンコール後は特に言うこともない。『バグっていいじゃん』が意外とライブで合うということも、既に証明済みである。個人的にはここでは、『空耳ロック』をやってほしかったが色々そうも行かないのだろう。おそらく『空耳ロック』やってたら泣いてた。『火曜日の夜、水曜日の朝』の間奏高速MIXは好き。

ちなみに、公演後のアンケートはしばらく悩んでいたが、ダンスは今村麻莉愛,MCは村川緋杏,総合は山下エミリーに投票した。


6月3日にチーム8公演があるらしい。今回当選したので、厳しいとは思うが一応申し込みます。

*1:抽選の緊張はないと書いたが、これはどんなに場所が悪くても最低限座って全体が見渡せる席に割り当てられるということである。当然、飛行機を使って行くので場所が悪いとそれだけテンションは下がる。

5月23日 アップトゥボーイ7月号

昨日21時前には既に爆睡していたので7時頃に目覚めた。
明日までの洗濯と課題だけとりあえず終わらせる。ひとつは単なる作業、もう一つの課題も先生の書いたコードを拡張してちょっと数値を弄るメソッドを書けばすぐに終わるものだった。

11時半頃商品券があるのを思い出して、ビッグボーイで昼食を取る。このファミレスで驚くのは行くたびにまずくなっているということだ。実家近くにビッグボーイが出来て家族で行ったときは大俵ハンバーグが美味しすぎてしばらく家族で通っていたこともあった。帰りに、情報が出てからずっと待っていた『アップトゥボーイ 7月号』を購入。

f:id:nakisu:20170523133651j:plain

当然、倉野尾成美目当てである。倉野尾成美はAKBで一番好きなメンバーかもしれないが、彼女が熱すぎる故に自らの熱なんかで応援していいものかと考えてしまい、なかなか握手券を取ったりできないでいる。グラビアは当然彼女らしくすごくかわいいが、インタビューではさすがの熱さを見せてくれた。すばらしい。
付録のチーム8のフォトブックは小栗有以,中野郁海,横山結衣,長久玲奈,谷川聖,行天優莉奈,坂口渚沙,倉野尾成美が登場。横山結衣がすごくいい。
長久玲奈とついて面白かった書き込みを。

15 47の素敵な(関東・甲信越)@無断転載は禁止 (ガラプー KK27-F9iT)[sage] 2017/05/23(火) 11:25:03.72 id:D4AgYxpvK

は?
『長久 玲奈』「ながひさ れな」じゃないの?
くれなってなんだよwwwwww


17 47の素敵な(関東・甲信越)@無断転載は禁止 (ガラプー KK27-F9iT)[sage] 2017/05/23(火) 11:31:07.12 id:D4AgYxpvK

「ちょう くれな」なんてネタだろうと思ったらマジだったwwwwww
今までずっと「ながひさ れな」かと思ってた

長久玲奈 「 チーム8のオーディションは姉と一緒に受けた!」

まぁ確かに長久玲奈と書いてあったら「ながひさ れな」と考えるのは自然かもしれぬ。ちなみ、自分は中学時代「長」と書いて「おさ」と呼ぶ人が担任だったのではじめは「おさ くれな」だと思っていたこともありました……。わざわざ書く必要ないとは王が、「ちょう くれな」が正解である。

さてこれからチームT2の出張公演にでかけます。

5月22日 久しぶりの近況

ここ最近の近況といっても、アイドルファン的活動はあんまりない。基本は博多のライブツアーが終わってからというもの、エイトのイベントに時々顔を出すくらいに活動をとどめている。ゴールデンウィークは基本バイトに精を出していたが、チーム8の小田えりなちゃんの一日署長イベントへ。割と油断してたのでイベント開始2時間前くらいに現地入りしたが、すでに一列目はどこもダメっぽかった。なので横側の2列目で待機。開始予定時刻から遅れること、5分ほどで登場。一応自分が撮ったものを。

f:id:nakisu:20170523093550j:plain


iPhoneで撮った画像なのでカメコの方々に比べるとやはり見劣りする。このちょっと前にあったたなおのときの制服より黒っぽいものでサイズも大きめだと思った。ただえりなちゃん自身は前よりちょっと痩せたのかめちゃくちゃ可愛かった……。基本商店街のメインストリートを1往復するというもので、ファンが慌ただしく動き回っていた。自分も1人で動いていたけど今回は裏道をうまく使った人が賢かった。やっぱりこういうイベントでは握手会などによく行く人が幸せだね。

 

ここからちょっと間隔が空いて5月20日にチーム8の宮城公演昼公演に小遠征。運良く昼が当たったので、帰りの心配をすることなく過ごせた。席はいつも通りなんとも微妙な3階最前。入場が若干遅れておそらく開演は5分ほど遅れてから。周りの人がOvertureが始まっても全く席を立つ気配がなくなんかビビった。なんかいつもよりコールも小さめだった気がしたのは、席が後方だったので自分より前のファンの声が聞こえなかっただけだろう。セトリは『上からマリコ』や『風は吹いてる』など個人的に大好きな曲が多くとても盛り上がった。また、佐藤朱のソロでの『ウィンブルドンへ連れて行って』もとても彼女らしいパフォーマンス。どっかのMCでエイトくんの頭が外れかけ、なかなか立ち上がれない姿はここ最近で一番笑いました。悔やまれるのは周りに流されて『西瓜Baby』で盛大にミスったところでしょうか。ほんとすいません。ちょっと不満を言うと、撮影可能タイムに関してだろうか。自分は通路側やメンバーが通る動線以外の席の時は基本撮影などせずにメインステージを見ているのだが、当然周りの方々はそうではなく撮影に夢中になる。すると、当然コールなどは小さくなってしまう。なので個人的には撮影タイムはコールが少ない曲がいいなぁといっつも思う。これを考えると『挨拶から始めよう』は撮影には個人的にはふさわしくないと思うのだ。あと、『星空を君へ』はアウトロからどこに繋げてくるのかも個人的な楽しみになりつつあるのでMCに繋げずもう一曲連続して歌って欲しかった。
そういえばすっかり忘れていたが佐藤朱が1人ずつ手紙を読んでいるとき自分がぼーっと突っ立っていたので後ろの人に注意されてしまった。完全に自分が悪いので反省の意味を込めて一応書いておきます。
某所でも少し書いてる人がいたが、今回は自分の周りは着席率高めでしたなぁ。MC中は座った方がいいのは当然であるが。
次回は青森県弘前市民会館。一応宿は駅から10分、会場から20分ほどの場所を確保。行きは夜行バス、帰りは新幹線を考えている。おそらく土曜が昼夜、日曜が昼だと読んでいるのですがどうでしょう。当然三公演狙いに行きたいが、土曜昼夜がベストかな。今年もエイトの日があると思うので(期待)弘前はメンバー次第ではパスしてもいいかなとは思うがどうしようか。とにかく悩んでいます。

f:id:nakisu:20170523093706j:plain

f:id:nakisu:20170523093712j:plain

さて、仙台からの帰り携帯でHKTの出張公演の当落を見るとなんと当選! ただメンバーを見ると最近気になっているお芋ちゃんがいないと言う……。日向を応援しに行くつもりで頑張ります。

基本ソロ

基本的にはソロで活動することが多い自分が何かを話したいときに書きつなれるときのために、このブログを作成した。大学では友人と呼べる人が1人もいない。趣味は読書,映画,アイドル*1と多趣味ではあるが、なかなか語れるような友人もいないため、掲示板を見ること*2が主。Twitterなどを用いれば多くの共通の趣味を待った人がいると思うが、それはどうも疲れてしまうのだ。アイドルに関してだけは一応幾人かの高校時代の友人と一緒に行くこともある。

一応自己紹介を兼ねて。読書は色々読むが西村賢太,高橋和巳などが好き。アイドルは48グループのみ。特に、HKT48,AKB48チーム8が好き。映画はホラー映画以外ならなんでも大丈夫と言った感じ。

どうぞよろしく。


ちなみに、HKT48の2017春の関東ツアーでは日立,足利,SSA,松戸に参戦。一応NHKも参戦予定。あくまで大学の講義が早めに終わればの話だが。HKTの関東ツアーに関しては書きたいこともある。

*1:アイドルが趣味というのは表現上問題がある。しかし、アイドルを応援することという表現も自分が考えているものとは異なるため今回はアイドルという単語のみを用いた。また、アイドルに関しては興味を持ってから2年ほどしか経っていないため、まだまだ。

*2:語るという行為に関しての話であり、すべての趣味において基本は現場主義である。

広告を非表示にする